名前もユニークなラーメン屋

行田市駅は大正10年に開業された古くからある駅となっています。秩父本線が走っており、一日平均約900人が行田市駅で乗車しています。行田市駅の外観は白を基調とした作りになっており、南口のロータリーには大きなからくり時計が設置されています。どんなからくりがあるかは、是非とも行田市駅に行っていただき自分の目で確かめていただきたいです。行田市駅は2000年にローソンのCMロケ地にもなっており、印象に残っている人もいるのではないでのでしょうか。行田市駅周辺には「らー麺Chop」という名前からして面白いラーメン屋さんがあります。店内はタイやインドを思わせるような雰囲気を出しており、色々な看板が飾ってあります。独特のスープと麺はかなり特徴的で、ラーメン好きな人ならば是非とも味わっていただきたい一品となっています。量も多く値段もかなり安く設定されているので学生でも通いやすいラーメン屋さんなのではないかと思います。行田市駅に行かれた際には是非とも「らー麺Chop」のラーメンを食べてみてはいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ