極細、極太両方が楽しめるお蕎麦屋さん

北鴻巣駅は昭和59年に開業された駅となっています。高崎線が走っており、一日平均約8000人が北鴻巣駅で乗車しています。北鴻巣駅の外観は橋上駅の作りとなっており、上り階段の壁はガラス張りになっています。ガラス張りにすることで日中の太陽の光をたっぷりと取り込むことができます。北鴻巣駅西口にはエレベーターが設置されており、新しい作りになっています。車椅子の人でも簡単に移動尾することが可能となっています。
北鴻巣駅周辺にはお酒が飲めるお蕎麦屋さんがあります。「和処 山茂登」といい、地元の人はもちろん、観光で訪れた人も食べに来るほどの人気なお蕎麦屋さんとなっています。席は堀ごたつになっており、足がくつろげ、ゆっくりとリラックスしてご飯を食べることができます。麺も細く切られており、一つ一つに味がついているかのように美味しいとのクチコミもあります。細麺の他にも、極太の田舎蕎麦は看板メニューとなっています。北鴻巣駅から歩いて3分のところにあるので是非とも行ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ