勾玉作りも体験できる古墳公園

行田駅は昭和41年に開業された駅となっています。高崎線が走っており、一日平均約6800人が行田駅で乗車しています。行田駅の外観は新しい作りになっており、一階部分には車が停っています。行田駅のホームからは観光案内所が見えます。行田駅からはたくさんの路線バスが走っており、たくさんの観光スポットに停ります。おそらく、行田駅からバス一つでほとんどの観光スポットを巡ることができるかもしれません。
行田駅からも路線バスで行くことができる「さきたま古墳公園」は地元の人たちも訪れる有名な公園となっています。敷地はかなり広く、大きな古墳が9基もあるそうです。
さきたま古墳公園内にある博物館では珍しい国宝も見ることができます。入場料は一般が200円となっており、かなりお手頃で入場することができます。土器と勾玉を作る体験学習もあるので、子供を連れて是非とも行ってみたい場所にもなっています。他にも、4月後半になると公園内の桜が満開に咲き、観光客も増えます。桜の木周辺には菜の花畑もあるので是非ともカメラに収めておきたい景色とも言えます。行田駅に訪れた際には是非とも、さきたま古墳公園に行ってみることをおすすめします。

タグ

2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

くりはし八福神めぐり

栗橋駅は東北本線と日光線が走っている駅となっています。どちらの路線も一日の平均乗車人数が10000人を超す利用人数となっており、毎日栗橋駅は混雑しているイメージがあります。栗橋駅自体かなり街中にある駅となってい、周辺には大きな高層マンションがあり、静かな住宅街にもなっています。
栗橋駅の一つ裏の路地に入ると広々とした敷地がたくさんあり、雑草などが生えているところもあります。かなり土地が広く、もっともっとお店が増えてもいいと思うのですが、自然がたくさん残っている栗橋駅周辺も好きです。栗橋駅からは観光客にも人気な「くりはし八福神めぐり」があります。
栗橋駅の西口を出発地点として、八福神を観光しながら巡り、最終地点は栗橋駅の東口になっています。すべての八福神が石でできたものになっており、それぞれの顔もしっかりと掘られており、見る人の心に焼き付くような観光をすることができます。是非とも栗橋駅を利用した際には「くりはし八福神めぐり」をしてみることをおすすめします。

タグ

2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

インパクト大!七夕まつり

小川町駅は埼玉県にある駅となっており、東武東上本線と八高線が走っています。小川町駅前には大きな木が立っており、夏には緑色の葉っぱをつけて青々としています。一年中を通して木の成長を楽しむことができます。毎日通学や通勤で小川町駅を利用している人たちにとては毎日見ているものなので、木の成長が感じられることだと思います。小川町駅前のライトが立っているところには綺麗な花壇があり、たくさんの花が植えられており、私たちを癒してくれます。小川町駅周辺で行われる小川町の大きなお祭りといえば「小川町七夕祭り」です。
昔からある伝統のお祭りとなっており、和紙をたっぷりと使った七夕飾りは見るからにカラフルで、インパクトを与えてくれます。2日間で行われるお祭りとなっており、お神輿も出るので、市民の人達以外にも他県からの参加者も多いそうです。交通規制がかかったりもするので、お祭り当日は車ではなく、なるべく歩きで参加することをおすすめします。他県からの参加者は、是非とも電車を使って小川町駅で降りることをおすすめします。

タグ

2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

久喜市で最も大きなお祭り

久喜駅は東北本線と東武線が走っています。両方共一日の平均乗車人数は多く、始発から終電まで毎日たくさんの人が利用しています。久喜駅は東北本線の走る快速列車が停車することでたくさんの人が乗り降りをしています。久喜駅は東京方面・横浜方面への移動ができる駅となっており、毎日たくさんの人が利用しているのがわかります。毎年久喜市では7月になると大きなお祭りが開催されます。久喜駅の西口をすべて歩行者天国にして、大きな山車が徘徊します。山車には約500個にもおよぶ提灯がつけられ、夜になると更に存在感が増します。
「天王様」というお祭りで、久喜駅周辺は車の通行が不便となり、かなりの渋滞にはまってしまう可能性があります。「天王様」に参加するのであれば、なるべく久喜駅を利用しての電車移動が好ましいと思います。久喜駅周辺には居酒屋もあり、お祭りの打ち上げにももってこいの場所になっています。久喜駅の中にもたくさんのお店が入っているので不自由はしないはずです。

タグ

2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

極細、極太両方が楽しめるお蕎麦屋さん

北鴻巣駅は昭和59年に開業された駅となっています。高崎線が走っており、一日平均約8000人が北鴻巣駅で乗車しています。北鴻巣駅の外観は橋上駅の作りとなっており、上り階段の壁はガラス張りになっています。ガラス張りにすることで日中の太陽の光をたっぷりと取り込むことができます。北鴻巣駅西口にはエレベーターが設置されており、新しい作りになっています。車椅子の人でも簡単に移動尾することが可能となっています。
北鴻巣駅周辺にはお酒が飲めるお蕎麦屋さんがあります。「和処 山茂登」といい、地元の人はもちろん、観光で訪れた人も食べに来るほどの人気なお蕎麦屋さんとなっています。席は堀ごたつになっており、足がくつろげ、ゆっくりとリラックスしてご飯を食べることができます。麺も細く切られており、一つ一つに味がついているかのように美味しいとのクチコミもあります。細麺の他にも、極太の田舎蕎麦は看板メニューとなっています。北鴻巣駅から歩いて3分のところにあるので是非とも行ってみてはいかがでしょうか。

タグ

2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ